Monthly Archives: 5月 2015

8beatバリエーションその2

こんにちは!

あいにくの雨ですね。

こんな日は部屋に引きこもってドラムですね(笑)

今回は更に新しいバリエーションをご紹介します。

皆様、読み方は覚えましたか?

まずはこちらをご覧下さい。

image

手は毎回変わりませんね!

注意するべきは足です!

今回は1 4 5のバリエーションになっております。

必ずゆっくりと初めて、身体にリズムが入って来るまでじっくりと取り組んで見てくださいね!

8Beatバリエーション

こんにちは!

今回は更なる発展を目指してバリエーションを紹介します。

8beatと言われるくらいですから、1小説を8当分します。

左手を3.7のタイミングに取ります。

これは8beatの鉄則ですね!

今回は、足のパターンを1.5.6と
入れて見ましょう!

image

どうですか?

数えながら叩くのはとても難しいと思います。

ちゃんとしたコツが分かれば後はスラスラ叩けるようになります。

次回は更なるバリエーションをお伝えしますね!

楽器の名前と記号を覚えよう!

こんにちは!

今回は楽器の名前と記号について書きます。

ドラムで特に使う3つをまずは取り上げます。

①ハイハット

image

②スネアドラム

image

③バスドラム

image

この右に付いているペダルを踏みます。

それぞれを記号で表すと

image


こうなります。

皆さん、覚えましたか?

今後はこれを使ったバリエーションをいくつか紹介しますね!

8beatを叩いてみよう!!

皆さん、こんにちは!

今回はいよいよ8beat を叩いて見ましょう!

と、言っても「いきなり大丈夫かな?不安です!」

と多くの声を頂いております。

ご安心下さいね!

まずは、いきなり全てを同時に動かさず、少しずつ入れて組み合わせて行きましょう。

まずは、右手を4つ打ちます。今回は、楽器の説明は無しで行きますね。まずは叩いて見ましょう。

image

これをずっと繰り返します。

皆さん、これは大丈夫だと思います。

次に左手を3に打ち込みます。

右手はずっと叩き続け、3のタイミングで左手を同時に叩きましょう。

image

どうです?

出来ましたか?

ここまで大丈夫ならば、いよいよ右足を入れてみます。

右足は1のタイミングで床を踏んで見てください。

image

ここから、難しくなると思います。

ドラマーは、これをキープする練習をしなければならないのです。

できて、しまった方、そうで無い方。いらっしゃると思います。

幾つかコツがあるのです。

気になる方はお気軽にお問い合わせ下さいね。

http://www.kageyama-drum.com/contact/

更に難しいアクセントコンビネーション!!

一気に暖かくなりましたね!

皆様、ストロークコンビネーションはいかがでしたか?

今回は更に難しいアクセントコンビネーションについて紹介していきます!

まず、手順ですが、、、RLRLと全てに置いて右からスタートします。

前回ご説明したストロークをこれに当てはめて見ましょう。

4つあります。

①DTUT
②TDTU
③UTDT
④TUTD

それぞれを右左右左と順番に叩いて見てください。

大きい音と小さな音が混在しているのに気が付くと思います。

これをアクセントと呼び、ドラムの大切な基礎練習になります。

将来、アドリブのフレーズを叩いたりするのに必須のテクニックです。

次回はいよいよドラムについて触れて行きます!

私のスクールでは、基本をしっかりとやりますので、他のスクールから移ってこられた方は驚かれます。

しかし月日がたつにつれ、やって良かった!!

ずっとこれを叩けなかったのに出来るようになった!

と言っていただけております。

本当に上達を目指す貴方!

是非とも蔭山ドラム教室へ!

組み合わせてみよう「スティックコンビネーション」

こんにちは、更新に間が空いてしまい申し訳ありません。

今回は、ストロークを組み合わせて行くスティックコンビネーションについてです。

まず前回、振って頂いたストロークの頭文字を取ります。

Fullstroke…F
Downstroke…D
Tapstroke…T
Upstroke…U

分かり易いですね。

まずは利き手から

F…D…T…U…F…D…T…U…
エンドレスに繰り返してみましょう。

次に逆の手で行い、更には両手同時に、、、

慣れてくると早く出来るようになります。

次回は更に複雑なコンビネーションについてお伝えします。