未分類

ラテンのリズムについて②

蔭山ドラム教室

みなさんこんにちは!

前回のチャチャのリズムの続きを書こうと思います。

今回、初たどり着いた方は前回のラテンのリズムについて①を見てくださいね!

さて、今回は右手のパートを更に進化させます!

まずはこちらをご覧ください!

はい、ハイハットの所に何か斜線が入ってますね!

 

これはバズロールという打ち方になります。

 

バズ?なにそれ?という方は、体験に来て、、、あ、いや、、、

言葉にすると一回スティックを振ると三回以上打面に当てる事をバズと言います!

この記号ですね!

はい、右手を人差し指と親指だけでスティックを持ってください。そのままスネアを打つと何回もバウンドして長く音が続くと思います!

そして人差し指と親指に強く力を入れて握るとバウンドは止まります。

 

これを利用して、バズ一回。普通の叩きを二回。

交互に打ちます!

出来ましたか?

これにリムショットとバスドラマを加えて完成します。

 

 

頑張ってトライしてみて下さいね!

 

次回はマンボについて書こうと思います!